TOP > 自己紹介 > 機材紹介 > アコースティック&ガットギター

アコースティック&ガットギター


はい、というわけで2009年5月にギターを2本買いました。

アコースティック&ガットギターなんて書いてありますが、

正確にはエレクトリック・アコースティックギター(エレアコ)

エレクトリック・ガットギター(エレガット)です。


はい、まぁクソギターなのでちゃちゃちゃっといきましょう( ̄▽ ̄)




(クリックで拡大)


はい、こちらCooder社製のTCS-550Sです。

スティール弦のエレアコですね。

黒を選んだ理由は嘉門達夫が好きだから( ̄▽ ̄)




(クリックで拡大)


はい、こちら同じくCooder社製のTCS-550Nです。

ナイロン弦のエレガットですね。

拡大すると分かるんですが、これには黒いガット弦を張ってあります。

ダダリオのブラックナイロンですね。


ガット弦はテンションが弱いんですが、これは適度にテンションがあって良いです。

オーガスチンの赤ラベルと比べるとこっちの方が良いですね。

今度はオーガスチンのリーガル赤を張って比較したいです。



ちなみに、どちらもセミ・ソリッドボディです。

アパート住まいだとやはりフルアコは音が大きいので、

こういうソリッド構造を持っている物は非常に重宝します。

でもこのギターはクソだけどね。


本当ならチェットアトキンスモデルが欲しいところなんですが、

流通が少ない上にちょっとお高いんですよねぇ。

現行モデルだとVG社製のエレアコ、エレガットとか良いですね。

ただ、お値段が15万円前後と多少お高めです。


あとはYAMAHAのサイレントギターシリーズも良いです。

このシリーズが出た当初はどうしようもないクソギターだったんですが、

何度もモデルチェンジを繰り返し現行品はかなり良い品だと思います。

皆さん、Cooder買う位なら1万強上乗せすればYAMAHA買えます。

そっち買いましょう。





はい、というわけで紹介終わり('∀`)

…まぁなんでこんな素っ気無いのかと言うと

このギターが本当にクソだからです。



CooderというのはTakamineの廉価版メーカーなんですね。

まぁなんていうかクソにも程がある。

とにかく酷いです。


まずペグ。

こんな物体をペグとは認めません。

ペグ回す度にバッキバキいいます。

速攻で交換させました。


で、次はナット。

ちゃんと溝切れ('A`#)


で、次配線。

どこの素人がやればこんな配線になるのか。

電気系苦手なひょろりの配線より酷いです。

時間のある時に一度全部配線をやり直したいと思います。


で、音。

これはね、実はそんな悪くないんです。

でもそれはあくまで音色の話なんですね。

ノイズが酷いです。

音作りを慎重にやらなければ使い物になりません。


次、ノブ類とかエンドピンのザグリとか。

もうね、細かい所をあげたらキリがありません。

皆さんはこんなクソギター買わないようにしましょう。

もしくは、買ってからクレーム入れまくって

もっとちゃんとした品質にしてもらうようにしましょう。



ちなみに、ひょろりはこれ買った後に

現行のYAMAHAサイレントシリーズを弾きました。

後悔しました('A`)



このギターの唯一褒めれる点。

それは意外と弾きやすいこと。


どちらもアコースティック然としているんですが、

エレキギターからの持ち替えでも違和感無く弾けます。

あと、下手に高いギターより弾き易いです。

ここだけは褒めれると思います。



音作りを上手く出来てノイズの処理が出来る人、

フルアコは音が大きくて困る。アンプ?そんなの通さないよ?っていう人、

そういう場合には安いしまぁ良いかもしれません。


が、基本的にはオススメしません('∀`)

Cooderしっかり作れやゴルァ(゚Д゚ )!!



---2021/05/01追記---


はい、随分遅れてしまいましたが、実はアコギをもう2本買っています。

このページに追記して行きたいと思います。

まずは1本目はこちら!どん!





Epiphone Chet Atkins SSTです('∀`)b

購入したのはメールが残ってないので正確には分かりませんが、2020年06月頃です。


天下のGibsonからもチェットアトキンスモデルは出ていますが、

価格が中古で約20万前後と手が出なかったのでEpiphone製を買いました。

お値段7万5千円!普通相場が3万〜5万円位なのでかなり高い値で買いました。

でもですよ?でもですよ?実はこれ当たり個体だったんですねぇ〜。

若干ネックが捻じれてるとか多少の問題もありましたが、

全体的なコンディションもキレイで弦高も低く電装系も問題無し。

ボディも良く鳴るしソリッドボディなのに生音もデカいし言うこと無しですね。

まぁ生音デカいのは良い事なんですが集合住宅の家の場合は都合悪いですけどもw

このギターを買って「あぁ、Gibson製いらねぇわ」ってなりました。マジで。


ただ…このギター通販で買ったんですよね。試奏してないんです。

そんで実際弾いてみたら、ネックのスケールが一般的なアコギより長い('A`)

弾き語りもソロギターも演る身としてはなるだけネックのスケールは短い方が良いんですが、

これは昔っから弾いてる曲のちょっとしたストレッチフレーズも弾けない位スケール長かったです。


ちなみに使用されている木材などは、

ボディがメイプルトップのマホガニーバック、ネックはマホガニー、指板はローズウッドです。

音はねぇ〜本当に良かったんですけども、ネックのスケールが長くて弾けないんじゃ使い物になりません。

1〜2ヶ月でヤフオクで売りました。

ちなみに売値は7万5千円です。出費回収!!



で、次はGodinのスティールとナイロン買おうと思ったのですが、

どちらも約1本11〜12万円で高くて手が出ず。

でも家にアコギが1本も無いのもなぁ〜と思って最寄りのハードオフへ。

丁度この子が置いてありました。

コチラです!どん!





S.yairi YM02/MH(ミニギター)です('∀`)b


購入時期は2021/01/06です。

店頭に置いてあって「普通のミニアコギだけど音小さいんじゃないかな」と思いまして。

勝手にフルサイズのアコギとこのギターをチューニングして弾き比べた結果、

やはりこちらの方が若干音が小さい。即決でしたね。

とはいえやっぱりホロウボディなのでサイズが小さくても音はうるさく深夜には弾けませんw


お値段は9,800円位で税込みで1万円超えて、でもその時「1万円以上お買い上げの方は2,000円OFF」とかやってたので

実質8,600円位で入手しました。


使用されている木材はトップ、サイド、バックはマホガニーでネックはナトー(廉価版マホガニー)、指板はウォルナットです。

材質のせいか凄くミッドが出ます。っていうか出音成分のほとんどがミッドです。

ローとかハイの概念が無いと言っても良い位ミッドが強いです。

ちょっと弾く分には良いですがレコーディングでは使えませんねぇ。

ちなみに、4,000円位上乗せするだけでこれのエレアコバージョンが新品で買えるんですが、

この音でライン録りしてもなぁ。まぁEQとかで補正掛ければ使えない事はないでしょうけど。

まぁ今はちょっとつま弾く程度。たまにこれ使ってツイッターで弾き語りなんかアップしてますが、

やっぱりGodinさんのソリッドボディのスティールとナイロン欲しいなぁ(´Д`;)


という訳で新しく買ったのはこの2本でした!!

また何か買ったら追記します!



戻る/ 機材紹介に戻る/ TOPに戻る