TOP > 自己紹介 > 機材紹介 > 今までのギター弦使用遍歴

今までのギター弦使用遍歴


はい、それでは今回はひょろりが今まで使ってきたギター弦の使用遍歴についてお話しようと思います。

エレキは長いのでアコギとクラギとベースから。


---アコギ編---


はい、まずはアコギから。スティール弦のアコギですね。

基本、ひょろりはアコギを2本所有している期間が長かったです。

1本はレギュラーチューニング用、もう1本は変則チューニング用。

或いは1本はコードストローク用、もう1本はソロギター用みたいな。

その時々に弾いてた物で変わってきますが。


で、弦は決まってて、ちょっとパッケージが新しいのに変わっててひょろりが使ってた頃の旧パッケージの画像が

検索しても中々見つからないので画像無しで行こうと思います。


まず、1本目に張るのはMARTINのBronzeのMedium

赤いパッケージで真ん中でギター構えたおじさんが映ってるヤツですね。

そしてもう1本に張るのもMARTINですが、こちらはPhosphorのMediumです。

緑のパッケージで真ん中でギター構えたおじさんが映ってるヤツですね。


今はなぁ~アコギにはライト弦かエクストラライト弦張らないと弾けないけど昔はミディアムだったんだよなぁ。

BronzeとPhosphor、この2つは全然音が違います。

Bronze弦は銅が80%、スズ20%位の割合で出来ていますが、

Phosphorは銅92.1%、スズ7%、リン1%位が最も多いとされています。

もう英語で書くの面倒なのでカタカナで書きますが、

ブロンズ弦はボロンボロンという感じ。

フォスファー弦はシャランシャランという感じ。


まぁプロの間でもどっちをコードストロークに使いどっちをソロギターで使うかは意見が分かれる所では有りますが、

ひょろりはコードストロークなら骨太なブロンズ、ソロギターなら繊細なフォスファーという感じです。


現在は、以前楽器屋に行った時に見つけた新発売のちょっと変わったコーティング弦を張っていますが、

それは気まぐれで基本エリクサーを買う事が多いです。ゲージはライトかエクストラライトですね。

エレキにエリクサー張った時は「クソだなっ!」って思いましたがアコギ弦のエリクサーは良いです!

それ以外の安い弦も試した事ありますが、やっぱり安いのにはそれなりの理由があるようで。

MARTINの音は好きだったんですが、やっぱり耐久性を考えてしまうなぁと。

高校時代はストラト3本、アコギ2本、クラシック1本、ベース1本所有していて、

ベース以外の6本は毎月新しい弦に張り替えていました。

でも今そんなお金ないしねぇ(・ω・`)

エリクサー様々ですわ。



---クラシックギター編---


ひょろりは今まで何本ものクラシックギターを所有してきましたが、

同時期に複数本のクラシックギターを所有していた事は無かったと思います。

でも張る弦は全て同じ。


AUGUSTINE(オーガスチン)の赤ラベル一択です。


最初は青ラベルを張っていたんですが、ちょっとテンションが弱くて赤ラベルに変えました。

紫ラベルってのもあって、赤ラベルよりテンション高いらしいのですが赤ラベルで満足してたので別に冒険する必要は無いな、と。

で、これはかなり後年になってからですが、クラシックギターで速弾きする為には

もっとテンション高い方が良いんじゃないか?という事で

楽器屋さんの店員さんに聞いてナイロン弦の中で一番テンションの高い弦を張った事があります。


うん、テンション強すぎ('A`)


テンション強すぎてピッキングが負けるわ。

ちなみに、これは調べながら書いてて初めて知った事なんですが、

AUGUSTINEの青ラベル、赤ラベル、紫ラベルは単にテンションが違うだけではなく、

どういう楽器に張るかっていう相性や、ピッチの正確性等々色々な違いがあるみたいです。


と、まぁそんな遍歴という程でもない遍歴を辿ってきた訳ですが、

現在は自宅にナイロン弦のギターが無いので寂しい所です。

Godinのソリッドボディのナイロン欲しい(T△T)



---ベース編---


ぶっちゃけベースの弦は音が劣化しても中々切れないしほつれないし、

元々人間の耳って低音を聞き分ける能力が低くて、

新品弦のベースと使い古し弦のベースの違いも分からない位だったので

多分人生で1~2回位しかベースの弦張り替えてないんじゃないかなw

なんの弦使ったとかは全く覚えてないです('∀`)b



---エレキ編---


さぁーいよいよ来ましたエレキ編!!

いやぁ~エレキは色々試したなぁ。

と、言う訳で詳細に書くと超長くなるので簡潔にバンバン行ってみよー!


まず、ひょろりがエレキを弾き出したのは小6か中1位です。

当時楽器屋さんがどこにあるのか分からず(実際は川崎か渋谷か桜木町)換え弦について困っていたんですが、

自転車で行ける範囲内の商店街の中にYAMAHAさんのお店があって

簡単な電子ピアノやら大量の楽譜やらを売っていたんです。

で、そこにギターの弦も置いてあったんですよ!

なので後年楽器屋さんに自分で行って自分で弦を買うまではずっとそこで買ってました。

もちろん弦はYAMAHA製。1セット1,000円もする何がそんなに高いのか分からない弦でしたが、

それしか無かったのでいつも弦が切れると母ちゃんに「弦切れた~(T△T)」つって弦代を出して貰ってました。

1セット1,000ですよ?別に当時の技術だからコーディングとかフラットワウンドとか無いしただの弦ですよ?高っけ!

ちなみにゲージは.009-.042でした。


で、中2か中3の時に親父に川崎にある楽器屋さんに連れって貰ってエレキギターを1本買ってもらいました。

これが後のるりるり1号機になる訳ですが、それはまた別のお話。

その時にこんな近くの川崎(後に高校も川崎になる)に楽器屋さんがあったんだ!

とそこからは自分で弦を買うようになりました。最初はずっと.009-.042を買ってました。

確か最初からダダリオ買ってたんじゃなかったかなぁ。


で、中3の時にイングウェイと出会い高校の時にイングウェイ教則ビデオ3部作を観ます。

この時、イングウェイがアーニーボールの.008-.046を使ってるって話してたんで真似したかったんですが、

当時とある理由でアーニーボール大嫌いだったんですよ。まぁちょっとここには書けませんけどね。

なので、どうしてたっけなぁ。ダダリオの.009-.046を張っていた気がする。


そんで東京都は町田市に引っ越して、その時はフェンダーの弦をしばらく試したなぁ。

ダダリオの弦はニッケル製ですが、フェンダーの弦はステンレス製だったので音の違いが良くて気に入って使ってました。

また、その時使ってたフェンダーの弦はボールエンド部が普通のボールエンドではなく、Super Bulletsと言って

ボール型のがくっついてるんじゃなくて、シンクロトレモロの溝にカチッと合う棒状の形をした物が付いていたんです。

曰く、普通のボールエンドみたいに動かないからチューニングが安定するとか、長いサスティーンが得られるとか。

この時は.009-.042と.010-.046を交互とまでは行かないまでも定期的に変えながらどっちの方が自分に合うのか試してました。


その後、ディーンマークレイというメーカーからイングウェイのシグネイチャー弦が出て、ゲージも.008-.046だったので買ったんですが、

なーんか音がイマイチ。気に入らない。あと値段も高かった気がする!等の理由ですぐに使うのを止めました。

その後安いのから高いのまでいくつかのメーカーの弦を試しましたが、どーもしっくり来ない。

当時はまだエリクサーが出たばっかりで、初のコーティング弦!超長寿命!とか色々と謳われてて

取り合えず.009-.042を買ってみたんですが、一言で感想を言うなら「クソだなっ('A`)p」

まぁ巻弦はまぁいいよ。普通だよ。これで超長寿命なら良いよ。

でもプレーン弦お前はダメだ。新品の弦張ったのにいきなり死に弦の音がする('A`)

この事件があってから二度とエレキにエリクサーは張らないと心に誓いました。

アコギ用のエリクサーは良いんだけどねぇ。


そんな感じで色んなメーカーやゲージを試して、結局ダダリオに戻りました。

かなり長い事ダダリオの.009-.046を張ってたんじゃないかな。

しかしある時事件が起こります。ギターを弾いてて感じたんです。「低音弦側、太くね?」と。

ちょっと低音弦側のゲージが太くて押さえ難いな、と思ったんです。

これを機にダダリオの.008-.038を張る様になりました。

最初の内は低音弦も抑え易くて良いし高音弦側もチョーキングし易くて良いしと思っていたんですが、

いかんせんゲージが細いので低音がペシャンペシャンなんですよね。

それでもしばらく使っていましたが、どうしようまた.009-.046に戻るのもなぁと思いまして。

なんでかっていうと.008から始まるセットはチョーキングが凄いし易かったから。

でも結局.009-.046に戻ったんですよね。それでしばらく弾いてたんですがまた不満が…。

今度の不満は高音弦側はやっぱり.008から始まる細いセットが良いけど、

低音弦側は.046よりももっと太くしてゴリゴリの低音が欲しい!と


ここで悩みました。ひょろり悩みました。その結果!

ダダリオ日本総代理店の(株)キョーリツコーポレーションさんにメールで連絡してお悩み相談に乗って貰いましたw


「ずっと.009-.046のセットを使っていたんだけど低音弦側が太く感じて.008-.038に変えた。

 でもそうしたら低音ペシャンペシャンで元に戻したけど、やはり.008から始まる高音弦のセットはチョーキングし易くて良い。

 あと.046では低音が足りないのでもっと太いゲージを張りたいが、

 現状では.008から始まって.046以上の低音弦のセット弦は売ってない。どうすれば良いですか?」
と。


そしたら返ってきた答えは、

「セット弦にバラ弦を加えるのはどうですか?

 具体的にはEXL115(.011 / .014 / .018 / .028W / .038W / .049W)に

 バラ弦の.008と.016を加えて購入し、EXL115から.014と.018を抜きます。

 そして.008/.011/.016/.028w/.038w/.049wにするのはどうですか?」
と。


この回答を頂いた時、ただ文章でのみ「こうしたらどうですか?」という内容以外に

セット弦を張った場合と、バラ弦とセット弦を組み合わせて張った場合の各弦の張力なんかも1弦ずつ計算してくれて数字を出してくれて、

この位のテンションの掛かり方なら普通のギターなら大丈夫ですよ、というお言葉まで頂きました。

もう感謝感激雨あられですね(T△T)


(株)キョーリツコーポレーションさんはアフターサポート体制も万全!!

という経緯もあってそれから半年位前までずっと.008/.011/.016/.028w/.038w/.049wを張っていました。

しかしまたしても事件が起こります!


そう、「ひょろりマジで精神ヤバくなっちゃった事件」です!


もうね、ギターなんて到底弾けなかったっす。

長年読んでた漫画も読まなくなって。長年観てた深夜アニメも観なくなって。

自暴自棄。希死念慮もありました。毎日死にたくなったり破壊衝動が怒る位イライラしたりを繰り返して。

あの日々は本当に地獄でした。細かい事は書けませんが本当に地獄だったんです。

精神の事で派遣クビになって。でもやりたいことをすれば元気も出るだろうと母ちゃんに某音楽専門学校に入れて貰いました。

そこでひょろりはスーパースター扱いです。事務員さんからスーパーギタリストって呼ばれたり、

同期の中でA、B、C、D、E、と格付けするなら間違いなくAランク中位だったと思います。

でもね、精神状態良くはならなかったんですよ。

馬鹿な事やる事務員にブチ切れたり、同期と問題起こしたり、講師と問題起こしたり。

まともに授業に出席する事もままなりませんでした。ほとんど病欠です。

授業の宿題とかも、そりゃ入学初期ですから簡単な物しか出ないですよね。

本来であれば来週の授業まで1週間掛けてバリバリに仕上げるところですが、ひょろりは1週間後の授業の前日の夜にちょちょいとやるだけでした。

ただ理論の授業だけはあまり欠席せずそこそこちゃんと出てて、テストとかも結構良い点取っていましたが、

この音専に通ってたのが25歳の頃。そこから約10年のブランク。学んだ技術も、理論も、ほぼ全て忘れました。


今リハビリ中だけどね!!


で、まぁそんなこんなでここ1~2年でまたギターを手に取った訳ですが、

張ってた弦は上に書いてある通りです。が、友人から悪魔のささやきが…。


「ひょろりさんひょろりさん、6弦.052にするとメッチャ低音出て良いっすよ!」


なぬをー!!それは試してみたい!!

って事でまた(株)キョーリツコーポレーションさんにメールで相談w

「今、.008/.011/.016/.028w/.038w/.049wっていう以前そちらでOK貰った組み合わせ使ってるんですけど、

 6弦に.052張りたいんですがなんか良い方法ないですかねぇ。」
って。


そしたら返ってきた答えが

「ではバラ弦はそのままでセット弦の方を変えましょう。

 当社で出しているEXL116というのがあって、ゲージが.011/.014/.018/.030/.042/.052となっておりまして、

 今お使いいただいているEXL115の4、5、6弦が太くなったセット弦です。

 高音弦は今のままで、低音弦をこちらに変えてみてはいかがでしょうか?」
と。


「テンションとかネックへの負担とか問題ないですか?」って聞いたら

「問題無いですよ!」との事だったので変える事に。


という訳で、今現在はダダリオのEXL116にバラ弦の.008と.016を加えて

.008/.011/.016/.030w/.042w/.052wという組み合わせで弦を張っています。

うーん、中々いいね。1弦は.008だから1音半チョーキングとかもしやすいし、

5弦が.042で6弦が.052だから低音もゴリゴリ出るし。

ってよく考えたら凄いですよね。昔6弦だった.042が5弦になってるんですから。

そして更に.010インチ太い6弦。そら低音もゴリゴリ出るわw


まぁまだ2セット残ってるので使い切ってからになりますが、

なんかサウンドハウスさんで検索したらアーニーボールのバラ弦(.008と.016)あるんすよねぇ。

ダダリオのバラ弦店頭で買うと.008が80円位で.016が180円位なんですがサウンドハウスさんだと両方100円。

アーニーボールのバラ弦も両方100円。

セット弦もダダリオのEXL116が564円でアーニーボールのBeefy Slinky #2627が631円。

うーん、アーニーボールの方が70円位高いのか。でも送料とか考えるなら店頭で買った方が…。

ちなみにアーニーボールさんのBeefy Slinky #2627は.011/.015/.020/.030w/.042w/.054wなんですよ。

高音弦側はバラ弦で整えるので良いとして、低音弦側もEXL116とあんま変わらないんですよね。

6弦が.052wか.054wか位で。なのでテンションやネックへの負荷の問題も無さそう。

アーニーボールは昔とある理由で大嫌いだったのと、あと錆びやすいイメージがありました。

でもなんか調べてたら最近はそこまで錆びやすくは無いようで。

あとアーニーボールが気になってる2大要素があるんですが、

1つはテンションが弱めだという事。1弦1音半チョーキングする身としては有難い。

それからアーニーボールの弦はストラトと相性が良いらしいという事。是非試したい!


と、いう感じで今後もしかしたら弦がアーニーボールに変わるかもしれませんね。

イングウェイもアーニーボールだし。

あ、ちなみに、イングウェイは自分のシグネイチャーモデルとか出ても自分で使いません。

イングウェイシグネイチャーっていうとギター本体、アンプ、P.U.、エフェクター、シールド、弦、ピック、等がありますが、

本人が自分のシグネイチャーモデルを使ってるのはギターとエフェクター(2種類の内1つだけ)とシールドとピックだけです。

アンプはRhino(ライノ)って所が「BLACK STAR YJM-50 YNGWIE J.MALMSTEEN SIGNATURE MODEL」ってのを大昔に出しましたが、

イングウェイ本人が使用している所は見た事がありません。

アンプはもう1つMarshallが「YJM100 Yngwie Malmsteen Signature Head」っていうの出してて、

こちらはライブなんかだと使っているようですがスタジオレコーディング等では使っていないようです。

エフェクターは使ったり使わなかったり。イングウェイはずっと1970年代後期に作られたDOD社の「OVERDRIVE PREAMP 250」というのを使っていて、

ひょろりも同じの持ってたんですが、あまり歪むエフェクターじゃないんですよね。だからスタジオとかでマーシャル使うと気持ち良いんだけどJC-120とかだと歪み不足。

で、ビンテージのこれは国内だと7~8万円で取り引きされているので、DOD社が「YJM308 Preamp Overdrive」といモデリングしたのを出しました。

実際ひょろりも買いましたが、ビンテージに比べると音は細いし低音出ないしでダメダメですね。で、最初はイングウェイこれ使ってたんですが、

しばらくしてFenderが「Malmsteen Overdrive Pedal」というのを出します。こっちは僕は買ってないので使用感は分かりませんが、

イングウェイ本人は今現在はこっちをメインで使用しているようです。

あと弦ですね。先ほどもちょっと触れたディーンマークレイというメーカーのイングウェイシグネイチャー弦を使ってるなんて話は耳にした事ないです。

今調べてたら現在はFenderからも「YNGWIE MALMSTEEN SIGNATURE ELECTRIC GUITAR STRINGS」という

.008-.046のシグネイチャー弦が出てるみたいですが、果たして本人が使っているかどうかは定かではありません。



おっと話が逸れましたね。

もし弦をアーニーボールに変更することがあれば追記したいと思いますー!


続報を待て('∀`)b



戻る/ 機材紹介に戻る/ TOPに戻る